EA「TK-GridAuto」MT4・MT5
運用実績と資産推移

【自作インディケーター】HMAとATRを使った「TK-SuperTrend-Ind」MT5

自作インディケーター

★HMAとATRを使ったスーパー・トレンド・インジケーターです。

★Ind「TK-SuperTrend-Ind」を使ってEAで運用するために必要なインジケーターです。

★このインジケーターはMQL5のサイトの「MQL4およびMQL5のソースコードライブラリ」で拾ってきたインディケーターのプログラムを大幅に変更して作成しています。

★大きなトレンドにのって順張りトレードをするためのインジケーターです。

HMAとは

HMAとは、「Hull Moving Average」(ハル移動平均線)と表記し、その頭文字を取ってHMAと略されています。

Alan Hull (アラン・ハル)によって開発された HMA は、非常に高速で滑らかな移動平均線となっています。

ハル移動平均線は、多くの種類の移動平均線が弱みとしている遅延を軽減し、さらにダマシも少なくするよう開発されました。

直近の値動きを重視して計算する加重移動平均(Weighted Moving Average:WMA)を組み合わせ、さらに一定の係数で均すことにより遅延やダマシを少なくした、多重移動平均線(移動平均線の移動平均線)です。

他の移動平均線と比べるとこうなります。

SMA(単純移動平均線)黄色のライン EMA(指数平滑移動平均線)水色のライン 

WMA(加重移動平均線)白色のライン HMA(ハル移動平均線)赤色青色のライン

期間 100日

時間軸とチャートがよくなくてHMAがあきらかに滑らかにはなっていないですね。

ちょっと修正しました。ローソク足に寄り添っているのが分かると思います。

ATRとは

ATRとは、「Average True Range」(アベレッジ・トゥルー・レンジ)といって相場のボラティリティ(変動率)を示すテクニカル指標です。

ATRは、「真の値幅の平均」を意味し、真の値幅の一定期間の平均を線で結んだものがATRとしてチャート上に表示されます。そして、過去の変動率と比較し、通常より大きく変動しているのかを教えてくれます。 

先ほどのチャートにATR100日を追加するとこういうチャートになります。

ATRはサブチャートに表示されています。

TK-SuperTrendとは

「Hull Moving Average」(ハル移動平均線)「Average True Range」(アベレッジ・トゥルー・レンジ)を組み合わせた「Super Trend」(スーパー・トレンド)インジケーターです。

赤いラインが買い青いラインが売りで表示されています。

使い方

この「TK-SuperTrend」の使い方は、赤いラインになったら買って、青いラインになったら決済。

青いラインになったら売って、赤いラインになったら決済といったような、とてもシンプルなトレードをすることができます。

インジケーターの設定

このインジケーターには、設定を変更できる箇所が4つと色を変更できる箇所が2つ、合計6つの設定変更をすることができます。

特に説明はありません。

HMAの期間、HMAの適応価格、ATRの期間、ATRの乗数を変更することができます。

基準設定

HMA period(期間)12
Price(適応価格)Close(終値)
Open(始値)
High(高値)
Low(安値)
Median(高値と安値の中間値)
Typical(高値+安値+終値の1/3)
Weighted(高値+安値+終値+終値の1/4)
Average(高値+安値+始値+終値の1/4)
ATR period(期間)12
ATR multiplier(乗数)3.0

色と線の幅、スタイルを自由に変更することができます。

ダウンロード

このインジケーターは無料でダウンロードすることができます。口座、FX会社、パスワードなどの制限は一切ありません。

また、趣味で制作しているので口座開設をするときは支援として、このブログから口座開設をしてくださると助けになります。

MT5 インジケーター「TK-SuperTrend-Ind」のダウンロードはこちらから

注意:MT5の自作インジケーターです。EAではありません。

ダウンロードからインストールまで

EAとインジケーターのダウンロードからインストールまでを図解入りで詳しく説明しているので確認してください。

タイトルとURLをコピーしました